« ACE32のログ | トップページ | 免許証の更新 »

2005年11月 9日 (水)

ACE32のログ機能(自動実行編)

ACE32のログ機能のうち、自動実行でのロギングをPFUから教えてもらった。PFUサポートセンターではない。PFUのホームページから問い合わせをしたのだ。
方法は簡単だ。ACE32 for Windows のインストールパス(C:\ACE32 とする)に「ACEAUDBG.CFG」というファイルを置けばいいだけだ。以下ファイルの内容を書く。(C:\ACE32\TMP というフォルダも作成しておく)。

「C:\ACE32\ACEAUDBG.CFG」
ACESVDBG1=1
ACESVDBG2=1
DBGOUTFILE=C:\ACE32\TMP\trc.txt
DBGFSIZE=256
ERRLOG=1
ERRLOGFILE=C:\ACE32\TMP\err.txt
ERRLOGFSIZE=256

1行目の ACESVDBG1 は、自動デバッグ機能の許可(1)、不許可(0) を指定する。
2行目の ACESVDBG2 は、自動デバッグ機能の出力ON/OFFを指定する。
→ 0 : 自動実行開始時、デバッグ機能はOFF
→ 1 : 自動実行開始時、デバッグ機能はON
← 手入力になるが、「@自動デバッグ開始」「@自動デバッグ終了」の記述でON/OFFが指定できる。
→ ログ出力したくないときは1行目、2行目共に 0 を指定するとよい。
DBGFSIZE と ERRLOGFSIZE は出力の最大行数だ。
ERRLOG は、エラーログの ON(1)、OFF(0) 指定だ。

画面入力のログ機能の設定方法も調べてくれるとのことだ。根気強く待とう。
こういったトレース機能は、デバッグするときに有効なので、作成プログラム側である ACE32 にあるというのは、わざわざデバッグコードを入れる必要がなく、うれしいことだ。

|

« ACE32のログ | トップページ | 免許証の更新 »

コメント

突然で失礼します。
ACE32というDBソフトは好きで使用していました。
久しぶりに耳にしましたので懐かしくお便りします。
現在もお使いでしょうか?
OSがXPまでは実績がありますがVistaや7でもOKでしょうか?

投稿: 近藤修平 | 2010年2月22日 (月) 19:04

こんにちは、本ブログ作者の sakaiyas です。

> 現在もお使いでしょうか?

http://www.post.japanpost.jp/zipcode/download.html
から ken_all.csv をダウンロードして、地名検索等に ACE32 を使用したりしています。

> OSがXPまでは実績がありますがVistaや7でもOKでしょうか?

メーカーサポート範囲(Windows2000 まで)は さておき、私も WindowsXP までしか使用実績がありません。
誰かに人柱になってもらうしか、ありませんね(笑)。

投稿: 本人(sakaiyas) | 2010年2月24日 (水) 16:10

ありがとうございます。
以前XP下でACE32の生産管理システムを構築して50億規模の運用をしていました。
今でもお使いとは嬉しいですね。
ACE32は本当にプログラムの生産性は抜群(VBなどに比べれば10倍)で動きも快適で残念です。
また何か情報があれば聞かせてください。

投稿: 近藤修平 | 2010年2月25日 (木) 18:19

メーカーサポート範囲(Windows2000 まで)は さておき、
Windows Vista Home Premium (Service Pack 2) に、
試しに ACE32 for Windows をインストールしてみました。

・インストール直後に、正常にインストールできなかった可能性がある、とのメッセージが表示されますが、正常にインストールできた方をクリックすれば、よいだけのことでした。

・[ヘルプ(H)] 配下の項目を選択すると、初回時に「WinHlp32.exe」が必要の旨のメッセージが表示され、Microsoft のダウンロードサイトに誘導されて、.msi 形式で Windows Vista 用の WinHlp32.exe をインストールする流れになります。

ACE32 付属のサンプル集をざっと動かした限りでは、特に不具合らしきものは見当たりませんでした。
ACE32 のウィンドウまわりや設定画面(ダイアログボックス)の表示は、WindowsXP のときより、Windows Vista の方が、よりまともに表示できている印象でした。こう思う理由は、WindowsXP の場合(クラシック表示ではなく、OSオリジナルの表示設定時)は、メニューバーの下側にドットのゴミがあったのが、Windows Vista では見当たらないことや、WindowsXP の場合、[表示(V)]-[フォント(F)] の設定画面(ダイアログボックス)の「サイズ(S):」という文字列の表示がおかしかったのが、Windows Vista では正常表示されているという理由です。

Windows Vista では、EPOACE-J 形式のフロッピーディスク媒体を読めない等は あるものの、(あくまでも、個人責任の範囲で使用する条件ですが)、データベース付き簡易言語としては Windows Vista でも十分使える印象でした。

投稿: 本人 | 2010年11月 9日 (火) 08:02

ace32をWin7 Proにインストし使用してますが、
何ら問題がありません。
いまだに重要なツールであります。

投稿: tom | 2011年2月 1日 (火) 02:32

本ブログ作者の sakaiyas です。

> ace32をWin7 Proにインストし使用してますが、
> 何ら問題がありません。
> いまだに重要なツールであります。

Windows7 での ご報告ありがとうございました。

投稿: 本人 | 2011年2月 1日 (火) 11:19

突然ですが
あまり懐かしくて投稿させてもらいました。

現在も現役でACEを使っています。
昨年3月にACEの販売終了ということで記念に最後のACE32 FOR WINDOWSを買いました。
ACEは健在です。7の32ビットは今のところ快適に動いております。また 入力さえ出来れば64ビット版もOKです。但し保証はありませんが。
7が動くのでまた新しいACEライフが始まりそうです。
もしよろしければいろいろACE談義が出来ればありがたいのですが。

よろしくお願いします。


投稿: 太田正弘 | 2012年2月 2日 (木) 18:56

失礼しました。

1年前だったんですね。

昨日のことだと思ったもんですから

投稿: oota | 2012年2月 2日 (木) 20:32

太田様

本ブログの作者の酒井です。

もう、書いても時効と考えるので書きますが、サポートセンターで、太田様の電話を受けたことが、何度もある酒井でもあります。
もっと、ばらすと ACE32 for Windows 自体(そのもの)の開発者の酒井でもあります。自分が作ったソフト(ACE32)のエンドユーザサポートを行えたことは、私のソフト開発者の経験において有益でした。

太田様のコメントを見て、「あの声の人だな」とピンときました。太田様の HomePage も本日拝読させていただき、私も、なにか懐かしい思いに浸りました。

色々他の つまらん、かつ、ややこしいシステム構築ソフトを使っての開発経験もありますが、ACE32 for Windows は、今でもシステム開発において、生産性・容易さにおいては、群を抜いていると自負しております。

以上

投稿: 本人 | 2012年2月 3日 (金) 22:43

ACE32がWindows7で動作するか検索してここにたどり着きました。
7で動作することが判り嬉しくて....(v^ー゜)ヤッタネ!!
こんなに使いやすく快適なものは他にありません。

投稿: 大澤 | 2012年3月 6日 (火) 12:25

大澤様

 本ページの作者の sakaiyas です。

> こんなに使いやすく快適なものは他にありません。

ありがとう ございます。ちと大袈裟ですが、大澤様の上記の言葉だけで、生きていけます(笑)。
 ACE32 for Windows (ACE/Win V2.5 も含む) は、真のEUC(エンドユーザ コンピューティング:要するに、実際にシステムを使う人がシステムを簡単に作成できること)を目指して、設計したものですので、その言葉は本当に ACE32 を世に出した甲斐があったと感じています。
まあ、仮に大澤様がVAR(付加価値再販業者:要するに ACE32 でシステムを作って、ACE32 込みでシステムごと売る業者)だったとしても、ACE32 が「使いやすく快適なもの」に変わりは無いですけどね(笑)。

以上

投稿: 本人 | 2012年3月11日 (日) 16:03

まだまだACEをがんばって使用しているものです。
確かに他に同様なソフトがなくて他に移行できない今日この頃です。

他の方々のコメントをみてWin7であきらめなくて良いかもと思いちょっとホッとしております。が、自分でインストールしたところ「LANPACKの動作環境に異常があります」表示され起動できませんでした。
32ビット版のwin7です。

何か特別に設定しないいけないことがあるのでしょうか?もし教えていただけたら幸いです。

投稿: カワハラ | 2012年6月26日 (火) 15:04

はじめまして(^^)。
epocシリーズからaceに助けられているものです。
最近Windows7homeにインストールしようとしたら、「互換性がありません」でエラーになってしまいました(-_-;)。Windows7Proなら落とせるのでしょうか・・・・(T_T)。
当時給料1ケ月分はたいて買ったけど、仕事にプライベートに・・・・もう十分元は取ったんですけどね(^_^;)。
ACE32の後継がなくてほんとに残念です。weep

投稿: thuu | 2012年9月17日 (月) 09:51

突然で失礼します。
ace32ではいろいろお世話になっております。
WindowsXP WIndows7 32bit 2台のpcへインストールし、累積表はstorageで管理してます。
お知恵をお借りしたいのは、Windows7で画面入力実行中、WindowsXPで累積表の複写はできるのですが、WindowsXPで画面入力中、Windows7で累積表の複写を実行するとファイルが使用中でエラーになります。
WIndows7の問題ですか?なにか手立てがありましたらお教え下さい。
宜しくお願いします。

投稿: koshiishi | 2013年2月28日 (木) 13:27

koshiishi 様

まず、原因の切り分けとして、Windows7 側の ACE32 の以下の設定を確認願います。

・ACE32 の [オプション]-[環境設定] の <動作環境> で右上の入力表の設定が「●共有」になっていること。

上記の入力表の「●共有」を設定しているのにもかかわらず、表複写(累積表→別表)時に「ファイルが使用中です」となる場合は、Windows7(OS)側の問題と思われます。

なお、入力表の「●共有」と「○専有」は、それぞれ自動定義の「$$入力表共有」と「$$入力表専有」と同じですので、「$$表複写」の前に「$$入力表共有」をコマンド定義([オプション]-[入力表共有])したほうが確実です。

以上、ご確認願います(sakaiyas)。

投稿: 本人 | 2013年3月 9日 (土) 17:51

ace32で「ファイルが使用中」が出る件について、sakaiyasさまのご指摘の他に、セキュリティの設定で発生したケースをご紹介します。
セキュリティソフトがリアルアタイム検索でチェックしている場合に発生するケースがあるようです。従ってセキュリティソフトの設定で、ace32で作業するエリア(表の存在するフォルダやワーク表を作るフォルダ)を常時チェック・スキャンするエリアから除外する設定を行ってためしてみてはいかがでしょうか?
私の場合、これで発生しなくなりました。
セキュリティソフトは、マカフィとセキュリティゼロの場合に時々発生してました。

投稿: tom | 2013年4月 3日 (水) 14:55

sakaiyas様tom様ファイル使用中のエラーの件ではご指摘有難うございましたお蔭様で事なきを得ました。またズーズーしく新たにお知恵をお借りしたいのですが(お借りするばかりで何のお返しもできませんが)windows7 64bit, windows8 64bitのパソコンへace32 for windowsをインストールすることは可能なのでしょうか?実はパソコン購入前なのですがヽ(´▽`)/宜しくお願い致します。

投稿: 越石和男 | 2013年6月 3日 (月) 11:05

はじめまして

epocシリーズ次代からのユーザーです。

ace32、長年愛用しております。

この度、パソコンを買い換えました。

vista から win7 64bit になりました。

ace32をインストールしようとしましたら、

「互換性がありません」のメッセージが出て、

インストール自体 できません (T_T)

何とかなりませんか????

そして、ace32 販売やサポートを復活させることって

不可能なんでしょうか?

長年愛用している者にとって、痛切な願いです。

投稿: yuri.n | 2013年6月24日 (月) 14:14

yuri.n 様

 本ブログの作者の sakaiyas です。

ACE32 for Windowsの64bit対応版の話ですね。
まあ、10億円も積めばPFUが対応してくれると思いますが、個人では現実的ではないので、twitterやFacebookで訴えていく地道な努力しかなさそうですね(笑)。

もう旧資産のEPOACEのフロッピーディスク移行は必要ないので、APCS/CASファイラは不要ということであれば、技術的なネックはないと考えます。資産移行の必要があれば、別マシンで移行するか、誰かに頼めば済む話ですしね。
まあ細かい話をすると、役所等の文字種がもっと必要な業務では、JEF拡張漢字も必要ですが、そんなのも全て未対応という流れですね。

私も、PFU関連の会社を辞めて10年以上経過しているので、お役にたてそうになさそうですね(笑)。

投稿: 本人 | 2013年6月29日 (土) 13:07

エポバインド時代からのユーザーです。販売管理、会計、給与、固定資産、社員名簿管理等々をACE32で運用していましたが、順次OBCの奉行シリーズ等へ移行させ、最後に残ったのが販売管理システムです。ACE32がWin7/32ビット、Win8/32ビットでも当社使用環境であれば動作することを確認したため、販売管理の奉行他への移行作業は2018年頃に開始するつもりでいました。ACE32のシステムの使い勝手が良く、商奉行等への移行に踏み切れないでいます。
今までも、様々なACE32に関する不具合を体験して来ましたが、何とか解決をしました。今回、どうしても理解できない不具合が発生し、お知恵を借りたいと連絡させていただいた次第です。こんなことは20数年運用してきて初めてのことです。

Win7/32ビット機は数台あります。販売管理機で不具合が出たため他機へACE32関連ファイルを移して問題なく動作しています。不具合内容は下記。
1)VBC(ウィルスバスタークラウド)にバージョンアップ。(他機はすでにUP済み)
2)自動定義のDBメモの部分で止まる。「○○/#D1」
3)同等記述で止まるところと止まらないところがある。
4)通常の自動実行のメッセージ左下「ディスクに異常が発生しました」。
5)単位実行のメッセージ中央「指定DBがありません」。
6)Win7、VBCなど同一環境の他機では動作する。
7)リカバリー、Win7の再インストール、ACE32他の再インストールをしても同じ不具合発生。
8)Winのディスクチェック等では問題なし。
9)販売管理機、他機ともRAID1を構成しているが、RAIDに問題はなし。

他機にて動作はしているものの、原因が判らないままでは不安が大きい。お手数かけます。何かヒントありましたらご教示いただけませんでしょうか。よろしくお願いいたします。

投稿: 小野光比古 | 2013年12月 2日 (月) 17:20

yuri.nさんや小野さんの、win7 やwin8へのace32インストについて、既存PCのace32インストールフォルダ(xp版でも良い)をコピーし、さらc:\windowsフォルダにace.iniファイルを単純コピーしてうごくようですからテストしてみてはどうでしょうか。win7の64bit版で、ace32を動かすショートカットに、xp互換設定を付けるとUACから「変更許可・・」が出、32bitでは出ない。とか、win8では自動中で表を表示させてるとでっかい文字になって表示されwin7やwinxpと表示が変わったり、でも画面定義で作った入力画面はwin8でもちゃんと動くし・・いろいろありますねえ。
小野さんの問題については、先のtomさんの経験から一次的にVBCを停止してもおこるのでしょうか?ace32では設定したDBエリアの他にace32システム自体がC:\Users\username\Local Settingsも使ってるようですからVBCリアルチェックなどとぶつかってないでしょうか?・・・とりとめなくなってすみませんが、少なくともwin7の32bitでも64bitでもace32はうごくようです(UAC)は意識しておく必要はありそうですが。

投稿: taku | 2013年12月 6日 (金) 01:03

小野光比古 様

本ブログ作者の sakaiyas です。

> 2)自動定義のDBメモの部分で止まる。「○○/#D1」

DBメモの「#D1」が[オプション]-[DB名定義]した一覧に存在しない場合、以下のエラーメッセージを表示します。
→「指定のDB名がありません」
止まった直後に、DBメモ一覧で「#D1」に指定しているDB名と、[オプション]-[DB名定義]でそのDB名のパスを調べることにより、原因を絞り込んでいきましょう。

> 4)通常の自動実行のメッセージ左下「ディスクに異常が発生しました」。

DB名のパスが「H:¥無い」のように存在しないドライブやパスの場合、以下のエラーメッセージを表示します。
→「ファイルにアクセスできません」
発生時の上記「ディスクに異常が発生しました」とは異なるエラーメッセージですので、以下のことが考えられます。
・ACE-DBが壊れた。(*.IDX、*.DAT 等のパス単位のファイル集合体のことです)
・VBC(ウィルスバスタークラウド)の影響で、一時的にACE-DBが壊れたような状況(アクセス不可等)になっている。

「ディスクに異常が発生しました」は、文面通りのハードディスクやフロッピーディスクにアクセス異常(読み書きできない)が発生した場合以外に、ACE-DBが壊れた場合も確か出していたので、そのあたりに原因があるかもしれない、ということです。

まあ、今回は関係ない話ですが、
ACE-DB は、ACE32.EXE のインストールパスとDB名定義で指定したパス単位で構成されるファイル集合体(*.IDX、*.DAT 等)であり、よく分かってない人が誤解して各パス内の一部のファイルを手動で書き換えてしまったり削除したりして、ACE-DB(各表)を壊すユーザさんもわりといた記憶があります。
操作としては、[ファイル]-[表複写]が正式手順ですが、ぶっちゃけ ACE32.EXE のインストールパス以外は、各パスにある全ファイルをコピーしても表複写と同じ(ような)結果となり、ACE-DB を壊すことはありません。

ヒントとしては、こんなところしか言えない状況です。

以上です。

投稿: 本人 | 2013年12月 8日 (日) 13:19

アドバイスをいただいた皆様

ご助言ありがとうございました。いただいたヒント等を元に種々試しています。しかし、いまだに解決というか原因特定に至っておりません。販売管理は後記2)の会計機で代行運用しており、今のところ不具合なく動作しています。原因特定作業は「VBC7.0であろう」という段階で止まっています。ほぼ同じ内容のマシンで出たり、出なかったり・・・。

以下、トレンドマイクロに問い合わせた時の文書をコピー転載します。なお、文中にACE32をインストとある部分は、takuさんの文書にあるコピー方式でACE関係フォルダ、及びacewin.iniを「コピーインスト」しました。当方式で64bit機(おそらくWin8/64でも)動作することが判りました、ありがとうございました。

また、不具合の出たACEファイル、フォルダを別のマシンにコピーインストして問題なく動作するので、ファイルが壊れている訳ではなさそうです。

1)不具合の出た販売管理機Win7/Ulti/32bit/SP1機をリカバリーし、Win-UPで最新状態にしてイメージBackを取る。(初期状態保存) VBC7.0をインスト後、ACE32インストすると不具合発生。 VBC7.0を終了させても、トレンドのツールでアンインストしても変わらず。 イメージBackで(初期状態)に戻し、ACE32をインストすると動作OK。 ACE32インスト後にVBC7.0をインストすると不具合発生。 当機でVBC5.4、6.0の再確認テストはしてないが、おそらく不具合出ないだろう、4)機で動作していたので。

2)別の会計機Win7/Pro/32bit/SP1、VBC7.0にUP済みでは、ACE32をインストして動作OK。 UltiとProの差で不具合の有無があるのか?? 販売管理は当機で運用中だがヒヤヒヤもの。

3)別のマシンWin7/Ulti/64bit/SP1機、VBC7.0にUP済みではACE32動作テストOK。 Ulti/32とUlti/64で不具合の有無があるのか?? 「64bit機だからか、HDDのせいか、当機のACE32処理は速い。32bit機で体感2秒の日次更新が体感1秒程度。かつてCAS機で150秒もかかっていたものが・・・」

4)別の品管機Win7/Pro/32bit/SP1/SSD機/VBC6.0でACE32動作OK。 VBC7.0にUPしたら不具合発生。 VBCをアンインストしても不具合変わらず。

5)別の業務機=4)と同時に購入した全く同内容のSSD機、
 VBC7.0にUP後にACE32をインストしたら動作OK。 4)、5)の差ほインストの順番くらいしかない。それだけで、不具合に差あり??

6)Win8/Pro/32bit/VBC6.0(自宅機)、動作OK。 当機、何故かVBC7.0にVerUPできない。 ダウンロードはできてもインストできない。(別問題)

7)3台あるWinXP/Pro/32bit/SP3/VBC7.0機ではACE32不具合なし。

Win7機のUACは初期設定のまま。不具合機の設定を緩めても状況変わらず。互換性設定(XP他へ)もいろいろやってみたが状況変わらず。VBC7.0で、ACE関連をリアルタイムスキャン例外設定にしても、あるいはスキヤンそのものを止めても変わらず。文中にあるようにツールで完全アンインストしてもダメ。

★VBC7.0がどこかに残す【何か】がジャマしているのではないか。その【何か】はACE32ファイル等に付いたキズではなさそうだ。その【何か】はVBC7.0をアンインストしても消えない、システムの復元をしても消えない、スタートアップ修復をしても消えない、インプレースアップグレードをしても消えない。その【何か】はリカバリーをすると消える、システムイメージ回復をすると消える。

あとは、不具合の出るマシン出ないマシンに他社ウィルスソフトを入れて再現テストする(原因特定とはチョット違う方向ですが)くらいしか思い付きません。他社ソフトでOKなら、XP3台の代替に先ず1台Win8/64bitを入れてテストしてみるつもりです。

★何でそんなに頑張るの? 当社を含め私の周囲の4社がACE32をまだ活用しています。「Win8/64で動きそうだ」と伝えたところ「Win8の次の64bit機まで行けるんじゃないか」「いや、その次だって」と希望が膨らみます。皆、団塊の世代です。Win8のサポートが終了する2023年(皆、70歳台半ば)までは何とかACE32を使い続けたいと願っています。

長文、かつ判りにくい文書ではありますがご一読いただき、アドバイスいただけましたら幸いです。よろしくお願いいたします。

投稿: 小野光比古 | 2013年12月21日 (土) 13:47

メールアドレスはダミーです。申し訳ありません。
この記事を参考に、私の環境だけかもしれませんが解決したので報告しておきます。
結果からいうと、新しい管理者アカウントを作成し、そのアカウントて使用すれば使えるようになりました。
ただ原因はわかりません。
こちらと同じ症状でいろいろ調べていました。情報も少なく、こちらと同じように別PCへごっそりコピーしたら使用できたので不思議に思っていました。
そちらでも改善することを祈っています。
こちらの記事のおかげで回り道をせずに済みました。
ありがとうございました。

投稿: とおりすがりです | 2014年4月24日 (木) 22:24

皆さまには色々お世話になりっぱなしです、有り難うございます。また小生では理解できない現象が起きてしまいました。画面定義⇒ボディ⇒作成の印刷行数は980に設定(読み込む累積データの行数は866行あります)自動定義表の画面入力⇒オプションで累積表共有にチェックを入れ、画面入力の検索表示を実行すると、全ての該当データが読み込めませんでしたになります、(累積表共有のチェックを外せば全てのデータを読み込むことはできます。)累積表共有状態で全てのデータを読み込む手だてはないでしょうか?未熟者です、宜しくお願い申し上げます。

投稿: koshiishi | 2015年1月31日 (土) 13:28

皆さまにはお世話になっております。win8-64bitへのace32インストについて、既存PCのace32インストールフォルダ(xp版でも良い)をコピーし、さらc:\windowsフォルダにace.iniファイルを単純コピーしましたら動きました、スゴイ!!ただ入力画面で漢字変換をすると漢字候補の一覧が真っ白で候補が表示されませんでした、なにか解決策があれば・・・ご教示いただけますと大変助かります。宜しくお願いします。

投稿: koshiishi | 2015年3月26日 (木) 09:57

突然の投稿、失礼します。
私は60代半ばの老人(?)です。かれこれ30年前でしょうか… EPOACEと会ったのは。当時、私は経理部にいましたが、
各部署が伝票起票の前処理として、手計算でいろんな資料から数字を転記して足したり引いたりの計算をしているのを見て、
何とか事務の改善ができないかと思っていました。
そういう問題意識のもとEPOACEと出会ったことは神様のお導きかと思ったくらいです。
私はシステム関係者ではないですが、現場の者が自らの事務フローをベースにして自前でシステムが作成できる、このEPOACE
というツールが素晴らしいものに思えました。
とにかく使いやすく、各部署・子会社の要請で担当者から仕事の流れをヒアリングしながら、数えきれないほどのシステムを
作った思い出があります。
ただ、時代の流れには抗せず、会社全体がEPOCシリーズからMS-Officeに移行しましたが、Accessは使いにくく事務処理系の
データベースはACE32で一人奮闘しました。

このブログは偶然見つけましたが、ACE32ファンがこんなにたくさんいるとは知りませんでした。もっとも、これほど素晴らしい
ソフトですからファンがいないほうが変ですよね(笑)
どうして販売中止になったのか、いまだに解せない私です。実はリタイアしたらACE32を使用を再開してみようかとACE32の製品版と
win98のノートPCを秘蔵しております。XPでも動くとは驚きですが、とりあえずは98で。

酒井様はEPOACEの開発チームのかただったのですね。こうして投稿できることを光栄に思います。(30年前でしたら感激の余り抱き
付いていたかも(笑))

投稿: 宍戸英男 | 2015年4月 1日 (水) 23:02

はじめまして
25年ほど前在職中に出会ってから、職務上もプライベートでも活用させていただいています。
10年前退職してからは、XP、7、8.1と使ってきました。
先日からWINDOWS10の自作32ビット機に入れ使っていますが、特に問題なく以前と同様大変役に立っています。
32ビットのメモリ制限で64ビット機でなんとか使えないかと思っていたところ、このブログを偶然見つけました。
ACE32 for Windowsの64bit対応版の話の中で、コピーインストの話がありましたので、8.1の64ビット機で試してみました。
ACE32のホルダーをCドライブにコピー、一番上のACE32アプリケーションのアイコンをデスクトップに貼り付け起動、結果はオーライ、メニューの各項目は問題なく動作しました。
これで長年の懸案が解決しそうなので、連休を使って本格的に移行させテストしようと思っています。
ありがとうございました。

投稿: 二上勝之 | 2015年9月17日 (木) 18:37

5か月前に投稿しました宍戸と申します。
皆様のお知恵を拝借したくて再投稿します。

実は、APCSのEPOACE(J2か2)のフロッピーがポロリと出てきました。なんとかACE32で使用したいのですが、「表複写」をしても途中で「ファイルにアクセスできません」と表示されてしまいます。DB定義で複写元のDB形式をリスト、バインダー、DOS、Jで試しましたがダメでした。

複写先はDB定義でDB名を「1」、パスは「C:¥仮¥」、DB形式は「バインダー」としています。自動定義文のユニットは「/0」なので、変換後にFDにコピーしDB名「0」で運用する予定でした。

旧資産をACE32に変換する上記のやり方が間違えているのか、APCSのFDを読み込むためのドライバーがないためか……。ご存知の方がいらっしゃれば、教えて下さい。

ちなみに、PCはFMV-BIBLO NE4/50DでOSはWIN98です(2000年購入で、ACE用に使用してますが、まだまだ健在です)。またデバイスマネージャーを見ると、FDはFujitsu 3-mode Floppy(FMV series)となってます。

旧資産からの移行は大昔のことでご記憶が薄れていると思いますが、どうぞよろしくお願いいたします!

投稿: 宍戸 | 2015年9月23日 (水) 02:17

宍戸様

本ブログ作成者の sakaiyas です。手短に回答します。

APCS/CAS 形式のフロッピィディスク(J表)のアクセスの件ですが、ACE32のインストールパスにある「README.TXT」にも書いてありますが、FMV添付の3モード フロッピィドライバのインストール後に、ACE32添付の仮想デバイスドライバ(INSTDRV.EXE)もインストールする必要があります。
あとは、複写元のDB名定義として、以下のように
「オプション」-「DB名定義」で定義すると、J表にアクセス可となります。

DB名:「J」※名前は何でもよい
パス:「0」※ゼロ
DB形式:「J形式」

詳しくは、ACE32のインストールパスにある「README.TXT」の
「5.1 APCS/CASアクセス」(Windows98/95記載箇所)の章を参照願います。

宍戸様お使いの FMV-BIBLO NE4/50D は内蔵3モード フロッピィドライブなので、J表アクセスの要件を満たしており問題ないと思います。

※蛇足ですが、私の個人持ちの Windows98 機(FMV-BIBLO NJ4/45C)は今年残念ながら故障してしまい、廃棄処分しました。NJ4/45C は内蔵フロッピィドライブの無い機種だったので、たとえ外付けのフロッピィドライブを接続しても、(FMV内蔵ドライブではないので)J表アクセス不可となります。

投稿: 本人 | 2015年9月23日 (水) 14:01

sakaiyas様

連休中のお休みのところ、早速のご回答ありがとうございました。先生から直接回答を頂けるとは思ってませんでしたので光栄この上もありません。

さて、早速Readmeを読み直し、仮想デバイスドライバーをインストールして、ご指示のとおりDB定義表にて定義し、J表にアクセスしてみましたが、結果はうまくいきませんでした(「ファイルにアクセスできませんでした」のメッセージが表示)。

ところで、念の為、3-mode floppyのプロパティを見てみましたら、全般タブのところは「正常に動作」と表示されておりましたが、ドライバータブには「~ドライバーファイルは必要がないか、または読み込まれていません~」と表示されていることに気づきました。J表にアクセスできず表複写ができないのは、もしかしてこのせいだったのでしょうか……? ドライバーの更新をACE32のCD-ROMとC:¥windowsから試みてみましたが、現在が最適な状況にある旨の表示がされるだけで変化は見られません。

ご多忙のところ誠に恐縮ですが、対応策のヒントとなるようなことを教えていただければ幸いです。どうぞよろしくお願い申し上げます。

投稿: 宍戸 | 2015年9月24日 (木) 00:32

ace32をWindows10上でテストしています。基本的に動きますが、次の2点が問題。(1)は、「koshiishiさんの2015年3月26日に記載の、入力画面で漢字変換をすると漢字候補の一覧が真っ白で候補が表示されません」の現象。(2)は、表データの表示や*Entで表示される参照表が横に広がって、間延びして表示される。・・これらの解決策やヒントなどご存じの方いらっしゃいましたらご教示下さい。

投稿: TAKU | 2016年5月25日 (水) 11:38

初めまして。私もCASの時代から使用しております。
現在2拠点間をVPN接続をして6台のPCにて
販売、在庫、顧客管理の主システムにしています。WINDOWS10で試用をしておりますが、TAKUさんの書いておられるとおり動作に問題は無いようです。
只、(1)の現象はありませんが(2)の横方向の間延びについては、とても見にくいので気になります。色々と試行錯誤しておりますがうまくいきません。表の縦横比を変えるのは不可能でしょうか。

投稿: てんちゃん | 2016年5月29日 (日) 17:44

お世話になっております。WindowsXPでAce32 for windowsを動かしております、基本的なことでつまずいております、画面定義表の検索読込、検索表示のデータ読込行数としては512行が最大でしょうか? 900行とかに増やしたいのですが、何か方法はありませんでしょうか、ご教示いただきたくお願い申し上げます。

投稿: koshiishi | 2016年10月 9日 (日) 16:43

Windows10の「入力画面で漢字変換をすると漢字候補の一覧が真っ白で候補が表示されません」の現象ですが、google日本語を使うと解消できました。

投稿: koshiishi | 2016年10月11日 (火) 11:43

みなさんお世話になっています、またご教示下さい。ACE32 for Windows V3.0L30SをWIndows7 32bitで動かしていますが、19インチのワイドモニターに替えたところ、ACE32の起動画面の位置が変わったため、ACEWIN.INIのFrmSize= で調整を試みたのですが起動画面の位置が変更できませんでした、何か方法があったら教えて下さい、宜しくお願い致します。

投稿: koshiishi | 2016年10月28日 (金) 10:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42597/7001127

この記事へのトラックバック一覧です: ACE32のログ機能(自動実行編):

« ACE32のログ | トップページ | 免許証の更新 »