« IBM (Lenovo) ThinkCentre S50 8086-2CJ | トップページ | Vine Linux 3.2 でウイルススキャン (ClamAV) »

2010年1月 9日 (土)

Vine Linux 3.2 の追加設定メモ

Vine Linux 3.2 の追加設定メモを以下に記す。なお、断りのない限り、root ユーザでコマンド入力している。root ユーザに成るには、以下のようにコマンドライン上で「su -」と入力すればよい。

$ su -
Password: ←( root のパスワードを入力する)
#

【フォントの追加】

Windows用のTrueTypeフォントを使うには(xfs編)」を参考にした。
ただし、mkdir WinFont する方法は うまくいかず、既存の /usr/X11R6/lib/X11/fonts/TrueType/ フォルダに *.ttf ファイルを格納した。
VLゴシックフォントファミリ」にある「VL-Gothic-Regular.ttf」や「VL-PGothic-Regular.ttf」を既存の /usr/X11R6/lib/X11/fonts/TrueType/ フォルダに格納して、

# service xfs restart

と xfs を再起動する。
上記のように、拡張子が『TTF』のものしか、うまく設定できないようである。

【FireFox のインストール】

# apt-get install firefox

とコマンド入力するだけでよかった。
「Bon Echo」とタイトルバーに表示されるが、FireFox 2.0.0.11 (相当) である。

firefox は関係ないと思うが、「/etc/apt/sources.list」ファイルの rpm と rpm-src の有効行に「 extras」文字列を行内末尾に追記すると、wireshark 等のソフトウェアが、より多く apt-get install でインストールできるようになる(ファイル内容の変更後は『apt-get update』すること)。

【Adobe Flash Player のインストール】

glibc (GNU C ライブラリ) のバージョンの関係で、最新の Flash Player 10 はインストールできない。
glibc のバージョンは、以下のコマンドで参照可能である。

# apt-cache depends glibc | head
( 私のマシンでは、glibc-2.3.3-3vl1.3 と表示された )。

VineLinux 4.2 で Flash Playerをセットアップしてみる。(その2)」を参考にして、Flash Player 9 をインストールした。
テスト用のアーカイブ版 Flash Player の提供について」から、「fp9_archive.zip」をダウンロードするまでは同じだが、「flashplayer9r246_linux.tar.gz」を採用した(「9r159」でも正常動作したが、最新版でインストーラが添付されている「9r246」を採用した、という意味である)。

# tar zxvf flashplayer9r246_linux.tar.gz

で解凍し、以下の赤文字以外は同様の手順でインストールできる。

Browser installation directory = /usr/lib/firefox-2.0

Adobe Flash Player のバージョンテスト」でインストール確認が可能である。

Vine Linux 3.2 では、サウンドドライバのアーキテクチャが OSS (Open Sound System) のため、Flash Player の音が鳴らない。ALSA (Advanced Linux Sound Architecture) にすれば、音が鳴るようになる( はず )だが、Kernel-2.4 系では無理をしないほうが無難と考えたため、音が鳴らないのは我慢することにした。
ALSA に興味がある人は、「ALSAによるサウンドドライバのインストール」を参照のこと。

Kernel のバージョンは、以下のコマンドで参照可能である。

# uname -r
( 私のマシンでは 2.4.31-0vl1.8 と表示された )。

【Java (JRE) のインストール】

全オペレーティングシステムの Java のダウンロード一覧」から、Linux RPM のものをダウンロードした。
手順」に従って、以下のようにインストールした。

# mkdir /usr/java
後に、「jre-6u17-linux-i586-rpm.bin」を「/usr/java/」フォルダに格納する。

# cd /usr/java
# chmod a+x jre-6u17-linux-i586-rpm.bin
# ./jre-6u17-linux-i586-rpm.bin

手順」の7で、「rpm -iv jre-6u17-linux-i586.rpm」するとあるが、上記の jre-6u17-linux-i586-rpm.bin で rpm -iv しているので、不要のようである(ただし、rpm -iv しても、既にインストールされている旨のメッセージが出るだけで、害は ない)。

====【2010年02月10日 追加記入】(ここから)====
「6u17」の次の版の「6u18」では、「jre-6u18-linux-i586-rpm.bin」実行後に、「rpm -iv jre-6u18-linux-i586.rpm」を実行してしまうと、二重にインストールされてしまうので、「rpm -iv」を行なってはならない。
「rpm -q jre」で以下のように表示されると、二重にインストールされている、ということである。

# rpm -q jre
jre-1.6.0_18-fcs
jre-1.6.0_18-fcs

上記のように二重にインストールしてしまった場合は、以下の方法でアンインストールが可能である。

# rpm -e --allmatches jre-1.6.0_18-fcs

このあと、再度「jre-6u18-linux-i586-rpm.bin」のみを実行すればよい。
====【2010年02月10日 追加記入】(ここまで)====

以下は、FireFox で Java を使用する設定である。

# cd /usr/lib/firefox-2.0/plugins
# ln -s /usr/java/jre1.6.0_17/plugin/i386/ns7/libjavaplugin_oji.so .

→「ns7」ではなく「ns7-gcc29」をリンク(ln)すると、FireFox が起動しなくなるので、注意のこと(起動しなくなった場合は、『rm /usr/lib/firefox-2.0/plugins/libjavaplugin_oji.so』すればよい)。

# cd /usr/lib/firefox-2.0/extensions
# unzip /usr/java/jre1.6.0_17/lib/deploy/ffjcext.zip

Java ソフトウェアのインストール状況の確認」の <Java のバージョンの確認> ボタンを押下することにより、インストール確認が可能である。

Java アプレット内で日本語等の2バイト文字が表示されない( □□と表示されてしまう)が、あきらめることとする(UTF等のユニコード関連の問題と思われる)。

【カーネルのアップデート】 2010年03月14日 追記

※カーネルの変更は、最悪マシンが起動しなくなるので、熟読し慎重に行なうこと。

# rpm -q kernel
kernel-2.4.31-0vl1.8
kernel-2.4.33-0vl0.22

と表示される場合を例に、「kernel-2.4.31-0vl1.8」から「kernel-2.4.33-0vl0.22」にアップデート(アップグレードと呼ぶ人もいる)する方法を以下に示す。

# cd /boot
# mkinitrd initrd-2.4.33-0vl0.22.img 2.4.33-0vl0.22

で、「initrd-2.4.33-0vl0.22.img」ファイルを作成する。

# vi /etc/lilo.conf

で、以下の青文字の部分を行追加し、赤文字の部分を変更する。

image=/boot/vmlinuz-2.4.33-0vl0.22
label=linux
initrd=/boot/initrd-2.4.33-0vl0.22.img
read-only
root=/dev/hda2
append=" resume2=swap:/dev/hda3"

image=/boot/vmlinuz-2.4.31-0vl1.8
label=linux-old
initrd=/boot/initrd-2.4.31-0vl1.8.img
read-only
root=/dev/hda2
append=" resume2=swap:/dev/hda3"

次に lilo コマンドで設定を更新する。

# lilo
Added linux *
Added linux-old

# /sbin/shutdown -r now

で、OSを再起動すれば「kernel-2.4.33-0vl0.22」で起動する。
→詳細は、「Vine Linux 3.1 のカーネルのアップグレード」を参照のこと。

※カーネルの変更は、最悪マシンが起動しなくなるので、熟読し慎重に行なうこと。

|

« IBM (Lenovo) ThinkCentre S50 8086-2CJ | トップページ | Vine Linux 3.2 でウイルススキャン (ClamAV) »

コメント

アーカイブ版 Flash Player は、現在(2011年11月21日)以下のURLにあります。

http://kb2.adobe.com/jp/cps/228/228683.html
 ↑
「アーカイブ版 Flash Player の提供について」

投稿: 本人 | 2011年11月21日 (月) 14:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42597/47243514

この記事へのトラックバック一覧です: Vine Linux 3.2 の追加設定メモ:

« IBM (Lenovo) ThinkCentre S50 8086-2CJ | トップページ | Vine Linux 3.2 でウイルススキャン (ClamAV) »